※【ヒアロディープパッチ】敏感肌は危険?驚きの成分に注目!

ヒアロディープパッチの成分について

今話題の刺すヒアルロン酸!
自宅で寝ている間にエイジングケアができると人気の「ヒアロディープパッチ!

ヒアロディープパッチ 口コミ

 

ヒアロディープパッチ 口コミヒアルロン酸や美容液がふんだんに含まれていますが、その中の成分ひとつひとつが気になったので詳しく調べてみました!

 

 

 

敏感肌・お肌にアレルギーをお持ちの人はヒアロディープパッチの全成分を確認してみてください!


 

ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、プラセンタエキス、グリセリン、アデノシン、ユビキノン、パルミチン酸レチノール、コーン油、マンニトール、トコフェロール、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、フェノキシエタノール、水添レシチン、コレステロール、キサンタンガム、ココイルサルコシンNa、ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11

 

<オイルゲルシート部分>
スクワラン、水添(スチレン/ブタジエン)コポリマー、オリーブ果実油、(スチレン/イソプレン)コポリマー

 

ひとつひとつ成分について説明しています。

ヒアロディープパッチ 口コミ

 

 

ヒアルロン酸Naとは?

ヒアロディープパッチ 口コミ

 

体内で水分を保持する力のある物質のひとつでヌルヌルしたゲル状のかたちで存在する、ヒアルロン酸。保湿成分の代表選手です。ヒアルロン酸1gが持てる水は、なんと6リットル。ちょうどスポンジが水を持っているような感じですが、驚異的な保水力です。真皮の主要構成要素であるコラーゲンとエラスチンの隙間を埋めて支えているのが、水分をたっぷり含んだヒアルロン酸で、プルプルのクッションのような働きをしています。

 

ヒアロディープパッチ 口コミ肌にプルンとした弾力をもたらし、私たちの身体に大いに貢献しているわけなのですが、残念ながら年齢とともにヒアルロン酸の生成量は減っていき、乾燥などの原因となります。ヒアルロン酸は、皮ふ以外にも関節や眼、血管などにも多く含まれていて、それらのスムーズな働きを担っています。

 

エイジングケアには必要不可欠な成分!たっぷりと含まれているのは嬉しいですね♪


 

グリセリンとは?

 

もっとも古くから用いられてきた保湿剤のひとつで、皮脂膜の分解によって生成する皮膚成分でもあるグリセリン。無色無臭の粘りけのある液体で、甘い味がします。保湿剤として、また柔軟剤として使用され、肌にうるおいとしっとりした感触を与えます。

 

ヒアロディープパッチ 口コミグリセリンとヒアルロン酸ナトリウムを組み合わせると、さらに水分保持力が高まり、肌の上に薄い皮膜をつくって外気の乾燥からしっかり肌をまもってくれます。アベンヌでもたくさんのアイテムに使用されています。

 

 

スクワレンとは?

ヒアロディープパッチ 口コミ

 

スクワレンは、アイザメなど深海にすむサメ類の肝油や、オリーブオイル、小麦胚芽油から得られる貴重なオイル。人の皮脂中にも5%ほど含まれています。そのスクワレンに水素添加して安定度を高めたものがスクワラン。ベタつきが少なく、使用感がとてもいいのが特徴で、皮膚刺激もほとんどなく、すぐれたエモリエント効果を発揮します。

 

ヒアロディープパッチ 口コミ肌のバランスが正常に戻り、新陳代謝が活性化し、肌をきれいな状態にしてくれる効果があります。

 

 

加水分解コラーゲンとは?

ヒアロディープパッチ 口コミ

 

牛や豚の骨・皮などから抽出したコラーゲンを、一度高温で溶かしてゼラチン状にしたう
えで加水分解することで、加水分解コラーゲンが生成されます。

 

ヒアロディープパッチ 口コミたんぱく質の一種でもともと丈夫で水に溶けない性質を持っていて、保湿効果に優れ、皮膚の表面に膜をはり水分を逃しません。肌荒れを防いでみずみずしい潤いのある肌を保つことが出来ます

 

プラセンタエキスとは?

 

哺乳類の胎盤から栄養素などの成分を抽出して精製したエキスです。

 

ヒアロディープパッチ 口コミ日焼けやシミの元となるメラニン色素は活性酸素が作ります。プラセンタエキスはその活性酸素を除去してくれて、新陳代謝を高めてくれる働きがあります。
日焼けやシミ・シワの予防、美白効果も期待できます。

 

 

アデノシンとは?

 

アデノシンは、ヌクレオシドの一つで、アデニンと、リボースから構成されます。
ヌクレオチドは、化合物の一つであり、ヌクレオシドに、リン酸が結合した成分のことをいいます。
ヌクレオチドは、ローヤルゼリーの構成成分の一つで、ヌクレオチドの主な働きは体内での代謝を調整する役割があります。

 

ヒアロディープパッチ 口コミアデノシンは体内のエネルギーを運ぶ役割があります。

 

 

ユビキノンとは?

ヒアロディープパッチ 口コミ

 

一般的にはコエンザイムQ10と呼ばれており、生体内に存在するエネルギーを生産するためにエネルギー代謝に関わっている補酵素のひとつで、酸化還元反応に関与する電子伝達系のベンゾキノン誘導体です。

 

ヒアロディープパッチ 口コミ抗酸化作用があり、老化の原因のひとつである活性酸素を除去して細胞や組織を老化から予防するほか、紫外線A波(UVA)によるDNA損傷を抑制する作用が明らかになっています。

 

 

パルミチン酸レチノールとは?

 

レチノール(ビタミンA)にパルミチン酸を結合してエステル化した、水に溶けずアルコールやオイルに溶ける油性のレチノール誘導体です。
レチノール誘導体には、ほかにも酢酸レチノールやレチナールなどありますが、レチノール誘導体の中でも最も刺激が少なく安定性に優れているのがパルミチン酸レチノールです。

 

ヒアロディープパッチ 口コミ真皮の保湿成分であるコラーゲンやエラスチンなどの生成を促進すると言われており、紫外線によるシワやくすみ、乾燥による小ジワなど加齢による小ジワや乾燥を防止する目的で使用されます。

 

 

コーン油とは?

ヒアロディープパッチ 口コミ

 

トウモロコシの胚芽から得られる淡黄色油状の液体です。

 

ヒアロディープパッチ 口コミクリームなどの油性成分の感触改善として使用されたり、メイクアップ製品の伸びをよくし、頭髪用化粧品に配合すると毛髪にツヤを与えます。

 

 

マンニトールとは?

ヒアロディープパッチ 口コミ

 

モクセイ科植物汁液の乾燥物(マンナ)から得られ、自然界に最も多い糖アルコール成分。
安定性に優れ、酸化しにくく、ビタミン類やアミノ酸などの成分を安定化させる働きをもっています。
ヒアロディープパッチ 口コミ保湿作用があり、乾燥から肌を守る目的の製品に広く配合されています。

 

 

トコフェロールとは?

ヒアロディープパッチ 口コミ

 

トコフェロールは、ビタミンEのことでやや粘性のある黄色~黄褐色の液体です。

 

ヒアロディープパッチ 口コミ血液循環作用に優れていることから、肌の酸化を防ぎ
肌の血色をよくしてくすみを改善します。

 

ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1とは?

 

ヒトオリゴペプチド-1は、EGFという名前で呼ばれることが多いですが、EGFとは、epidermal growth factorの略で、上皮細胞成長因子のことです。

 

現在、医薬や化粧品で使用されているヒトオリゴペプチド-1のほとんどは遺伝子工学でつくられたh-EGFであり、表示名称をヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1に改正することが推奨されています。

 

ヒアロディープパッチ 口コミ皮膚細胞や毛根細胞の活性化によってシミや色素沈着を予防し、皮膚の弾力性を高めるなどの効果が期待できます。

 

 

フェノキシエタノールとは?

 

グリコールエーテルの一種で、天然では玉露茶の揮発成分としてや綿花地帯の近辺に見出される空中浮遊物などに存在している、水やオイルに溶けにくく、エタノールやグリコール類に溶ける性質を有した防腐剤(抗菌剤)です。

 

フェノキシエタノールの現時点での安全性は、配合上限は1%であり、配合範囲内において、皮膚刺激性および眼刺激性はほとんどなく、皮膚感作性(アレルギー性)の報告もないため、安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

ただし、湿疹または皮膚炎を有する場合は、ごくまれに症状が悪化するケースが報告されている(悪化の割合は0.2%)ので、注意が必要です。

 

 

水添レシチンとは?

ヒアロディープパッチ 口コミ

 

レシチンに水素を添加して合成することで熱や酸化に対する安定性を高めたリン脂質です。
マメ科植物である大豆または卵黄より抽出されたリン脂質から成る界面活性剤(乳化剤)です。

 

レシチンは天然の界面活性剤で安全性が高く、とくに大豆レシチンは乳化力は高くはありませんが、水に分散させると、水が少ない場合はゲル状態で存在し、水の量が増えていくと、しだいに膨潤し、ラメラ液晶などの液晶状態に変化していきます。

 

ヒアロディープパッチ 口コミレシチンは弱い乳化作用があり、角層になじみやすく、角層の保湿やバリア機能にとって重要な細胞間脂質であるセラミドと同様のラメラ構造を形成する性質を持っており、優れた保湿効果および保護力があります。

 

 

コレステロールとは?

 

ヒトを含む哺乳動物の組織内に広く存在している重要な生体成分で、融点が約150℃のオイルにはよく溶けるが水には溶けない白色の薄片状または粒状の結晶です。
コレステロールは肌の表皮の細胞間脂質の中でセラミドと似たような保水の役割をしています。
肌の一番上の表皮の角質と角質の隙間を埋めるのが細胞間脂質で、細胞間脂質の構成は、

  • セラミド:50%
  • 脂肪酸:20%
  • コレステロールエステル:15%
  • コレステロール:10%
  • 糖脂質:5%

となっています。

 

 

キサンタンガムとは?

 

キサントモナス属の菌類を培養して得られる親水性の高分子多糖類で、天然のガム質の増粘剤です。

 

ヒアロディープパッチ 口コミ乳化の安定性を高めたり、質感改良、肌の表面に保護膜をつくり保湿性を高める特性もあり、保湿クリームや保湿美容液に配合に効果的です。

 

 

ココイルサルコシンNaとは?

 

グルタミン酸とヤシ油脂肪酸から構成された代表的なアミノ酸系アニオン界面活性剤(陰イオン界面活性剤)です。

 

ヒアロディープパッチ 口コミ皮膚と同じ弱酸性を示し、水道水に含まれるミネラルと反応しにくいため洗浄後もつっぱりにくくしっとりした柔軟効果もあります。

 

 

ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11とは?

 

EGFのヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1もFGFのヒト遺伝子組換ポリペプチド-11もどちらにもペプチドトいう表記があります。このペプチドはもともとは人の体内に当たり前のように存在しているアミノ酸を組合せてできたものです。ペプチドはアミノ酸が結合したものですが、結合した数によって呼び方が変わります。たとえば10個以上のアミノ酸で出来てるのがヒトオリゴペプチドで、最も多いアミノ酸の結合で出来ているのがポリペプチドと表記されます。

 

だからEGFよりFGFの方がアミノ酸の数は多いということです。

 

EGFもFGFも体内に多くあるときはそれぞれにマッチした細胞の再生をサポートし若々しさを維持できます。しかし年齢が重なってくると減少してくるため細胞の再生も衰え、シワやシミ、たるみなどの老化現象が目立ってくるのです。これを阻止するために成長因子を補充するという美容方法が利用されています。

 

アメリカの生化学者スタンリー・コーエン博士が長年の研究のすえ1962年に発見されたEGFの皮きりに次々と新しい成長因子が発見されることになりました。人の細胞に関わる成長因子の数は150とも200種類以上とも言われるほど膨大な数あります。

 

最近はEGFやFGFなどのペプチドを人工的に合成できるようになりました。これらを化粧品などに配合し補充することで若返りを目指すのが最先端の美容法ですね。育毛をサポートするFGFも育毛剤に配合されるようになりました。

 

 

 

オイルゲル部分

 

スクワランとは?

ヒアロディープパッチ 口コミ

 

スクワランは、アイザメなど深海に生息するサメ類の肝油から得られるスクワレンに水素添加して得られる無色透明の液体オイルです。
オリーブ油やコメヌカ油または小麦胚芽油などの植物油から抽出されたスクワレンを水素添加したものは植物性スクワランと呼ばれています。

 

ヒアロディープパッチ 口コミ肌に皮膜を貼って水分を逃がさないエモリエント効果に優れていることから化粧品には欠かせない成分となっています。

 

水添(スチレン/ブタジエン)コポリマーとは?

 

皮膜形成剤、非水系増粘剤

 

 

オリーブ果実油とは?

ヒアロディープパッチ 口コミ

 

オリーブの果実を圧搾して得られる淡黄色~淡黄緑色の植物性油脂です。
水分を抱え込む性質があるので高い保水効果を発揮し、肌を柔らかくして水分の蒸発を防ぐ効果もあります。

 

 

(スチレン/イソプレン)コポリマーとは?

 

非水系増粘剤

 

ヒアロディープパッチ成分の結果とは?

 

全ての成分を調べてみましたが

 

 

ほとんどがエイジングケアに嬉しい美容成分でできていて刺激のある成分はありませんでした。


ヒアロディープパッチ 口コミ

敏感肌の人にも優しい
無香料・無合成色素・パラベンフリー・アルコールフリーとのことで安心して使用できますね!

 

 

 

以上の成分にアレルギーがない人は

 

ヒアロディープパッチのオススメ関連記事まで♪