美肌に向けて要チェック!シワの内的要因と外的要因とは!

女性の大敵シワの原因について

お肌を劣化させる主な要因は大きく分けて二つあります。
一つ目は、外部からの刺激となる外的要因
二つ目は、身体の内部からもたらす内的要因
この二つのお肌に悪影響を与える主な要因について解説していきます。

 

外的要因

1乾燥

お肌が乾燥すると角層部分の水分が減り肌表面が硬くごわついてきます。
主に小ジワの原因になってしまいます。

 

2酸化

酸化とは鉄がさびたりする現象で、お肌も酸化すると同じような状態がおこります。
皮脂が酸化すると過酸化脂質に変化します。これが、ニキビの原因となったり、お肌のハリや弾力が低下してしまいます。

 

3紫外線

米国皮膚学会では老化の約80%が紫外線が原因と考えられているようです。
紫外線によるダメージは大きく、真皮まで到達してしまいます。
シミやそばかす、お肌の水分が奪われることで、かさつきやくすみ・小ジワやたるみなどの原因にもなります。

 

 

外的要因

1加齢

加齢とともに細胞の働きが弱くなっていき、皮膚の活性が低下していきます。
表皮では、バリア機能や水分保持機能が低下して角層はごわごわした感じになります。
真皮では水分を保つヒアルロン酸や弾力を維持するコラーゲン、エラスチン繊維などを生成する能力が衰えてきます。20代から30代は乾燥による小ジワが目立つようになり、40代から60代は深いシワが目立つ傾向にあります。

 

2栄養のバランス

偏った不規則な食事は体調不良や肌状態を悪化させます。
良質のタンパク質と食物繊維、ビタミン、ミネラルなどをバランスよく摂ることが大事です。

 

3内蔵機能の不調

血行不良になるとお肌に栄養が行き届かず、ハリ・弾力の低下・お肌のくすみなどの原因になります。
肝臓の働きが悪くなると、お肌が荒れたり、お肌の色が黄色くくすんだりします。
腎臓の働きが悪くなるとむくみやすくなってきます。