ターンオーバーとは?

ターンオーバーとは

ヒアロディープパッチ 口コミ

 

皮膚は表面から順番に「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層構造になっています。

 

ヒアロディープパッチ 口コミ

表皮の一番上から順番に「角質層」「顆粒層」「有棘層」「基底層」の4つの層から成っています。

 

皮膚のターンオーバーとは表皮の中の細胞が生まれてから剥がれ落ちるまでの新陳代謝のことをいいます。
まず基底層で新しい細胞が生まれて14日間位かけて一番上の角質層まで押し上げていきます。
角質層まで押し上げてきた新しい細胞は、身体を守るバリアーとして働き、やがて垢となって剥がれ落ちていきます。
このようにターンオーバーすることでバリアをつくり健康的で美しい肌を保とうとしています。

 

ターンオーバーのサイクルは28周期が最もベストだと言われています。
30代・40代と年齢を重ねるたびにその日にちも長くなってくる傾向にあります。
また、ライフスタイルによってもターンオーバーが乱れたりしてきます。

 

ターンオーバーが遅くなると・・・
角質がいつまでも剥がれずに表面に溜まっている状態になり、
肌がゴツゴツとかたくなり、毛穴もつまりやくなってしまいます。

 

 

ターンオーバーが早すぎてしまうと・・・
まだ未成熟な細胞が未成熟のまま角質となって肌になってしまい、
水分保持力が低く、痛みやすいく肌トラブルを引き起こしてしまいます。

 

 

肌の老化現象の主な原因は乾燥・紫外線・ターンオーバーといわれています。

 

肌のくすみ・シワ・シミ・毛穴・ニキビ…等の色々なトラブルにもターンオーバーの乱れが大きく関わっています。

 

 

ではターンオーバーの乱れを改善し老化現象を少しでもくいとめるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

まず、正しいスキンケア

 

そして紫外線対策

 

最後に栄養と良眠

 

主にこの3点が挙げられます。

 

正しいスキンケアとは?

正しい洗顔

ヒアロディープパッチ 口コミ

ヒアロディープパッチ 口コミ洗顔は朝と夜、2回が基本です

 

洗顔は朝起きた時、夜メイクを落としたあとの2回が基本です。朝は、寝ている間に蓄積した皮脂汚れを落とすことが目的です。夜はメイク落としのあとに洗顔を行い、残っているクレンジング剤や皮脂汚れを落とします。ダブル洗顔不要のクレンジング剤なら、夜の洗顔は行わなくても大丈夫です。一日に何度も洗顔すると、乾燥や過剰皮脂など肌トラブルの原因になります。

 

ヒアロディープパッチ 口コミ弾力のあるふわふわ泡でやさしく洗う。

 

力を入れてゴシゴシ洗うと、肌を傷めてしまいます。摩擦を最小限にとどめるためには、洗顔料はしっかり泡立てて洗いましょう。泡立て用の洗顔ネットなどを利用するのも良いでしょう。

 

ヒアロディープパッチ 口コミぬるま湯で20〜30回すすぐ。

 

水が冷たすぎると、毛穴が閉じて汚れを排出しにくくなります。熱いと必要な皮脂まで落としてしまいます。 32〜35℃くらいのぬるま湯で、すすぎ残しのないように洗顔料をしっかり落としましょう。顔をこすらないよう、手のひらにためたお湯で20〜30回、丁寧にすすぎます。

 

ヒアロディープパッチ 口コミタオルで水分をやさしくふき取る

 

水分のふき取りは、絶対にゴシゴシとこすらずに柔らかいタオルで肌にやさしくポンポンと押し当てるようにして行います。

 

洗顔のポイントは、泡をしっかり立てる、タオルでこすらない、しっかりすすぎをすることです。

 

毛穴の黒ずみなどの汚れは、力を入れてこすっても落ちるものではありません。肌への摩擦で、毛穴が広がって開いたり、色素沈着のもとになったりすることもあるのでやめましょう。毛穴の汚れには、酵素洗顔やピーリングなど、余分な角質を取り除くケアが有効です。

 

 

肌が乾燥するからと、すすぎは手っ取り早くすませて、その後の保湿ケアだけ念入りにやっている人は本末転倒です。すすぎ残しは、ニキビや毛穴詰まりなどの原因になり、その後の保湿ケアも浸透しにくくなります。とくに、フェイスラインや目尻、小鼻の脇、あご下などは、すすぎ残しが多い部位なので注意しましょう。

 

正しい洗顔の順番は、まず皮脂の多いおでこや鼻筋などのTゾーンから、次に頬やあごなどのUゾーン、最後に皮膚の薄い目元や口元です。

 

肌に汚れや皮脂が残っていると、ニキビや乾燥などの肌トラブルや肌の老化を招く原因になるだけではなく、あとにつけるスキンケアの浸透も悪くなります。肌をまっさらな状態にしてこそ、美容液やクリームの効果がしっかり感じられるので、洗顔をおろそかにしてはいけません。

 

20代は約28日間だったターンオーバーが、30〜40代では約40日間もかかると言われています。長年間違った洗顔でダメージを受けた角層は、バリア機能が弱くなって肌が敏感になっているので外的刺激から肌を守りきれず、肌内部の水分が蒸発するのを防げなくなり、シミやくすみ、乾燥などの肌トラブルになってしまいます。
肌の基盤そのものが弱っている状態なので、どんなに高級な美容液やクリームを使っても効果が得にくいなどの残念な結果になってしまいます。
まず、正しい洗顔をすることで保湿ケアが生きてくるのでとても重要です。

 

 

化粧水・乳液

洗顔後は、すぐに化粧水をつけて保湿しましょう。洗顔後何もつけないでいると、肌の乾燥がおこってしまします。コットン使用の場合は、化粧水をたっぷりの量含ませて、顔全体になでるようにつけましょう。強くこすったりすると肌荒れ原因になりますから、気を付けて下さい。
コットンパックやシートパックを使用する場合は、5分を目安にしましょう。それ以上、時間を経過させますと、肌荒れしてしまう可能性あるので要注意です。

 

乳液は、化粧水で補った肌に保湿成分を与えて失われないようにする役割があります。

 

クリーム

仕上げにクリームをつけるのも、良いでしょう。健やかな肌を保つには、潤いを逃さないように、クリームでぎゅっと閉じ込めておくことが大事です。

 

 

 

紫外線対策とは?

ヒアロディープパッチ 口コミ

紫外線とは、地球に降り注ぐ太陽光線の一種です。
波長の長さによって、UV-A(A紫外線)UV-B(B紫外線)UV-C(C紫外線)に分けることができます。UV-CとUV-Bの一部はオゾン層などの大気層が防いでくれています。
私たちはUV-AUV-Bの一部浴びていることになります。
紫外線は日やけやシミやたるみ等の様々な肌トラブルの原因となるだけでなく、炎症を起こさせたり、肌の老化を加速させるので防止させるように心がけましょう。

 

UV-A(A紫外線)
雲や窓ガラスを透過して肌の奥、真皮まで到達します。
生活紫外線とも呼ばれていて、シミ以外にしわやたるみの原因となります。

 

UV-B(B紫外線)
屋外での日焼けの主な原因となります。
多く浴びると肌に赤い炎症がおきたりします。
レジャー紫外線とも呼ばれ、シミ以外にソバカス、乾燥の原因となります。

 

 

日焼け止めクリームでよく見かけるSPFとPAってありますが
SPFはUV-Bを防ぐ効果を表す数値です。
この数値が高いほど、肌が赤く炎症を起こすのを防ぐ効果が高いといえます。

 

PAの方はUV-Aを防ぐ効果を表す目安です。
+が多いほど肌の黒化や、弾力を失わせることを防ぎます。
PAは現在4段階に区別されていますので、日やけ止めを選ぶときはよく見てみましょう。

 

冬や曇りの日も紫外線は降り注いでいます。
さらに、曇りの日も晴れの日の半分以上の紫外線を浴びてしまいます。
「今日は天気が悪いから、日やけ止めはいいか」とならないようにしましょう。

 

晴れた日の紫外線を100%としたら
晴れ 100%
曇り  65%
雨   20%

 

良眠するには?

ヒアロディープパッチ 口コミ

充分に睡眠がとれないと、成長ホルモンが正常に分泌されずお肌に悪影響をおよぼします。
成長ホルモンは入眠してから1時間半後の最も眠りが深くなるタイミングに分泌されます。その眠りが深いほど分泌量が多くなるといわれています。つまり美肌と健康には、最初の90分でどれだけ深く眠れるか、が肝心なんです。

 

良眠に心がける点

ヒアロディープパッチ 口コミ朝起きたら日光を浴びて体内時計と整える。

 

ヒアロディープパッチ 口コミ二度寝や寝落ちは睡眠のリズムを乱すのでなるべくしない。

 

ヒアロディープパッチ 口コミシャワーより湯船につかる。一度体温が上がって、下がるときに眠りに落ちやすいという特性があります。
ただ長く寝ればいいというのではありません。
深い眠りで成長ホルモンを引き出しターンオーバーの乱れを整えましょう。

 

栄養

ヒアロディープパッチ 口コミ

ヒアロディープパッチ 口コミ

ターンオーバーが正常に活動させるためには、栄養成分も大事なポイントとなります。
バランス良く栄養が摂る必要があります。
ターンオーバーに関係が深いのはビタミン・ミネラル・タンパク質です。

 

ビタミン

レバー・豚肉・鶏肉・ウナギ・
人参・ブロッコリー・パプリカ・ほうれん草・モロヘイヤ
しじみ・アーモンド・海苔・柑橘類・小麦麦芽 等

 

ミネラル

新陳代謝を促し細胞の修復や再生してくれる働きがあります。
牛肉・卵黄・ブロッコリー・ほうれん草・チーズ・牡蠣・バナナ 等

 

たんぱく質

タンパク質は皮膚を作るもとで美肌を作るためには欠かせないものです。
肉類・魚介類・乳製品・卵・大豆 等

 

適切なケアと生活習慣の見直しで

 

ターンオーバーの乱れを解決することで

 

シミやシワ、たるみのエイジングケアに繋がります。

 

まずできることから対策してみましょう。
ヒアロディープパッチ 口コミ
シワ・たるみが寝てる間にリセットするテープ(関連記事)はこちらです